1. TOP
  2. 山眞の想い

山眞の想い

 日本人にとって、誰でも春の桜には特別な想いがあることでしょう。満開の桜を思い浮かべるだけでウキウキするのは、私だけではないでしょう。一方、秋の紅葉(もみじ)も日本人に、特別な想いを起こさせてくれます。
 山眞産業・花びら舎は、桜を使ったスイーツ素材で、新たな価値を提供しました。見て楽しむ桜を、食べて楽しむ桜へ、桜スイーツを通して人々に新たな喜びを提供しました。そして、バラや紅葉、ハイビスカスなどのスイーツ素材をお届けしています。花は人々の心を癒して幸せを届けますが、スイーツもまた、人と人の間の潤滑油となり幸せを届けます。四季の移ろいを花や緑で感じるように、山眞産業・花びら舎はスイーツでも四季折々を感じられる素材を提供していきます。
 また、花や葉と果実には体に良い成分が含まれているものが多く、洋の東西を問わず、漢方薬や薬用酒、ハーブティーなどで体を癒してきました。山眞産業・花びら舎は、この点にも注目して、心にも体にも優しいスイーツ素材の開発に取り組んでいます。
 こうした自社の事業の発展を通して、得意先・仕入先のみならず広く業界と社会のお役に立ち、「桜の食」を中心とした日本の食文化、さらには、平和が続く時代に大きな発展を遂げた「桜の文化」をはじめとする日本文化の継承と発展に寄与してまいります。

代表取締役 平出 眞 写真
代表取締役 平出 眞

山眞産業株式会社 花びら舎は
今、こんな会社になろうとしています

中期ビジョン

  • 本物の桜を使った食品のみならず非食品商品も開発し、市場マーケットの更なる拡大に努め、そして、世界にも発信します。
  • 後継者難の既存桜産地に代わる新たな産地開拓と生産者の育成を図り、桜栽培から収穫・加工・販売まで一気通貫で質の高い国産桜商品を安定供給し、業界をリードする圧倒的なトップ企業となります。
  • 桜の食および桜文化の普及と桜の植樹を通して、桜まつりや桜名所および地方・業界の活性化に貢献します。
  • 農業者と食ユーザーの架け橋となり、地産農産物・規格外農産物や遊休農地の有効活用などで、農業と地方の活性化に貢献します。
  • 桜シーズン以外の自社製品売上を伸ばして高収益企業となり、社員の高福祉高所得を実現させます。

SDGs達成に向けた山眞産業㍿ 花びら舎の主な取り組み

SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択されました。国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。山眞産業(株)花びら舎ではこの目標達成のために、誰もが持続な可能より良い生活・より良い暮らしができる世界を目指し以下のようなことに取り組んでいます。

  • B級品・規格外農産物の有効活用や皮ごと全部の農産物加工などで、食品ロス削減に取り組んでいます。

  • 「桜の食文化」の普及と桜の木の植樹や栽培を通して、桜まつりや桜名所とその地方・地域の活性化に取り組んでいます。

  • 遊休農地・耕作放棄地の解消を目指した新たな農産物の栽培を支援し、地方・地域および日本農業の活性化に取り組んでいます。

  • メーカーと卸売兼業の強みと創業65年で培った幅広いネットワークを活かし、得意先や仕入先だけでなく様々な企業・団体や自治体まで、多様な連携に取り組んでいます。

お問い合わせ 個人のお客様向け オンラインショップ
お問い合わせ 個人のお客様向け オンラインショップ